一般財団法人 石川県予防医学協会 料金一覧   フロア案内   アクセス・駐車場

HACCPとISO22000の違い

食中毒や異物混入等による食品事故を防ぐためには、食品の製造や販売などに関連する企業の安全基準の規格化が求められます。

そのため、HACCPを導入したり、ISO22000を認証取得したりする企業が増えています。

HACCPとISO22000、それぞれの定義や違いについてご紹介します。

 

■HACCPの定義

HACCPとは、「ハサップ」や「ハセップ」と呼ばれ、アメリカを発祥とする食品の衛生管理手法の国際標準です。

従来の衛生管理の方法は、完成した食品に対して抜取検査等を行うことで、その食品の安全性を担保するという方法でした。

しかし、HACCPは食品製造の各工程ごとに微生物汚染や異物混入などの危害が発生する要因を分析し、特に重要な工程は継続して監視することにより、その食品の安全性を担保することを目的とした手法です。

HACCPによる衛生管理の導入手順は、国際食料農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同規格を司るコーデックス委員会がガイドラインを作成しています。HACCPチームの編成や製造工程の現場確認、危害分析や記録方法の決定など、その「7原則12手順」が示されています。

 

■ISO22000の定義

ISO22000は、「食品安全マネジメントシステム−フードチェーンの組織に対する要求事項」と定義されています。

HACCPの7原則12手順を基礎とし、ISO9001も取り入れた、食品の安全を確保するための国際規格です。

ISO22000の対象となるのは食品の製造過程だけではありません。

農業や漁業といった、食品の製造前段階に関わる事業や小売業などの製造後に関わる事業についてもISO22000の対象は広がっています。

このように、ISO22000は、食品に関連する事業者を対象とした国際規格となっています。

ISO22000は、後に述べる品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001とHACCPの組み合わせにより、食品の流通全体を通じた安全管理のマネジメントを目的とした規格となっています。

 

■ISO9001の定義

ISO9001は、「品質マネジメントシステム」の国際規格です。

サービスや製品を作る際のマネジメントシステムを継続的に改善することによって、品質の良い製品の生産を維持し、顧客満足度を上げることを目標とするものとなっています。

具体的な内容としては、企業内の管理体制などを整備することや、仕事のルールや手順を明確に定めること、生産する製品の規格や品質の基準を統一して明確化し、それら全体をPDCAサイクルで管理することなどが挙げられます。

ISO9001を認証取得することによって、企業の信頼性が増すほか、従業員が仕事の手順や製品の規格、品質についての統一した理解を得ることができ、品質や手順が向上する。また、システム化することで顧客応対もスムーズに行えるというメリットもあります。

 

■それぞれの違いについて

HACCPとISO22000は、食品の安全管理を語る上で同様と解釈されることもありますが、それぞれ全く異なります。

まず大きな違いとしては、HACCPは食品衛生管理の考え方であり、どのように運用していくかは、導入する事業規模や製品によってさまざまなものになります。一方、ISO22000は食品安全マネジメントシステムの国際規格で、満たさなければならない要求事項が明示されており、その要求事項をクリアしなければなりません。また、ISO22000は、食品の製造過程以外についても、その管理の対象となっています。

 

※本記事の内容は、2018年2月現在の内容に基づいています。

安全で安心な食品を届けるために食のコンサルティングを始めませんか?HACCPでお悩みでしたらまずはお気軽にご相談ください。詳細はこちら