一般財団法人 石川県予防医学協会 料金一覧   フロア案内   アクセス・駐車場

食品表示法の栄養成分表示義務化施行までの猶予期間

2015年4月1日に「食品表示法」が施行されました。

では、新たに施行された「食品表示法」とはどんな法律なのか?

また、完全移行となるまでの猶予期間は、どのくらいあるのか?等をご紹介します。

 

 

■食品表示法とは?

 

食品表示法は、それまであった「食品衛生法」「JAS法」「健康増進法」の3つの法律を一元化し、より分かりやすい食品表示制度を作るために施行された法律です。この新法に基づく表示への完全移行までの猶予期間は、2020年3月31日(生鮮食品は、2016年9月30日、加工食品[輸入品を除く]の原料原産地表示は2022年3月31日)です。また、所管は消費者庁となります。

 

食品表示法の施行による大きな変更点としては、下記の4つが挙げられます。

1.一般用の加工食品及び一般用の添加物の栄養成分表示の義務化

2.アレルギー表示の変更

3.「機能性表示食品」制度の新設

4.全ての加工食品(輸入品を除く)に原料原産地の表示

※原料原産地の表示については、2022年3月31日までの猶予期間有り。

では、それぞれを簡単にご説明します。

 

1.一般用の加工食品及び一般用の添加物の栄養成分表示の義務化

一般用の加工食品と一般用の添加物には「熱量」「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「食

塩相当量」の5成分の表示が義務化されました。

また、消費税法第9条に規定する小規模事業者(課税期間に係る基準期間における課税

売上が1000万円以下の事業者)などは、栄養成分の表示が免除されるケースもあります。

 

2.アレルギー表示の変更

アレルギーの表示は、原材料名の各々に個別に表記する「個別表示」が原則となり、例

外的に全てのアレルゲンを表示する「一括表示」が可能となります。

また、特定加工食品としてアレルギーの表示が義務付けられていなかった、マヨネーズ

や生クリームなどは、「マヨネーズ(卵を含む)」や「生クリーム(乳成分を含む)」と表示す

ることになります。

 

3.「機能性表示食品」制度の新設

「脂肪の吸収をおだやかにします」などの特定の保健の目的が期待できるという食品の

機能性を表示することができる「機能性表示食品」制度が新設されました。安全性や機

能性を科学的な根拠に基づいて、事業者の責任において表示するもので、消費者庁長官

への届出は必要ですが、「特定保健用食品」とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受

けたものではありません。

 

4.全ての加工食品(輸入品を除く)に原料原産地の表示

平成29年9月1日に、食品表示法に基づく食品表示基準が改正され、全ての加工食品(輸

入品を除く)の重量割合上位1位の原材料について原料原産地の表示が必要となりまし

た。この改正についての猶予期間は、2022年3月31日までです。

 

 

■栄養成分表示の義務化までには、どのくらいの猶予期間があるの?

 

この新法に基づく表示への完全移行の猶予期間は、2020年3月31日(生鮮食品は2016年9月30日、加工食品(輸入品を除く)の原料原産地表示は2022年3月31日)までです。

それまでに製品の表示(ラベル)の改訂などが必要となります。

 

一般的な流れとしては、

①栄養成分の数値を、分析・計算等で取得する。

②新表示による表示(ラベル)のレイアウトやデザインを検討する。

③新表示の表示(ラベル)を作成する。

④取引先等へ○○月○○日から、新表示に変更する旨の情報発信をする。

というような手順が考えられます。

 

2020年4月1日からは、この新法による表示が必須となるため、計画的かつ効率的に移行を進められることをお勧めします。

 

 

■まとめ

 

食品表示法は、最初に述べた4つ以外にも多くの変更点があります。2020年4月1日以降は、この新法に基づいた表示にすることが必須となります。また、新法と旧法が混在しない表示を作成することも、最も重要な注意点の一つです。消費者庁や最寄りの保健所に相談し、誤表記のない表示(ラベル)を作成しましょう。

 

※本記事の内容は、2018年7月現在の内容に基づいています。

安全で安心な食品を届けるために食のコンサルティングを始めませんか?HACCPでお悩みでしたらまずはお気軽にご相談ください。詳細はこちら