一般財団法人 石川県予防医学協会 料金一覧   フロア案内   アクセス・駐車場

食品衛生管理者と食品衛生責任者の違い

食品衛生法によって、食品営業者や食品・添加物の製造又は加工を行う施設には食品衛生管理者や食品衛生責任者を配置する必要があります。これら二つの資格はどのような要件を満たす人が取得できるのでしょうか。また、どういった観点で配置しなければいけないのかについて、詳しくまとめます。

 

■食品衛生管理者とは

 

食品衛生管理者は、食品衛生法第48条の規定により、食品衛生法施行令第13条の下記に示す食品を製造又は加工する施設において、配置することが義務付けられた国家資格です。

・全粉乳(容量が1,400g以下である缶に収められるものに限る)

・加糖粉乳・調製粉乳・食肉製品・魚肉ハム・魚肉ソーセージ・放射線照射食品・食品油脂(脱色又は脱臭の過程を経て製造されるものに限る)・マーガリン・ショートニング

・食品衛生法第11条第1項の規定により規格が定められている添加物

 

食品衛生管理者は、誰もがその職につけるものではありません。食品衛生法第48条第6項に基づく資格要件が存在します。

 

1.医師・歯科医師・薬剤師又は獣医師。

2.学校教育法に基づく大学・旧大学令に基づく大学又は旧専門学校令に基づく専門学校

において、規定の過程(医学・歯学・薬学・獣医学・畜産学・水産学・農芸化学)を修了し卒業した者。

3.厚生労働大臣の登録を受けた食品衛生管理者の養成施設(大学の食品衛生学コースなど)において所定の過程を修了した者。

4.学校教育法に基づく高等学校若しくは中等教育学校や旧中等学校令に基づく中等学校などを卒業した者(同等以上の学力があると認められた者も含む)で、食品衛生管理者を置かなければならない製造業や加工業において、衛生管理の業務に3年以上従事し、厚生労働大臣の登録を受けた講習会の過程を修了した者。ただし、この4の方法によって有資格者となった場合は、その範囲は同業種に限られる。

以上、ここに挙げた4つの要件のうちいずれかに該当しなければいけません。

 

■食品衛生責任者とは

 

食品衛生責任者は、食品衛生法に定められた営業許可施設ごとに配置することが義務付けられています。

例えば、販売部門と製造部門がそれぞれに分かれている企業の場合、販売部門と製造部門に食品衛生責任者を選任し配置しなければなりません。開業を目指していても、食品衛生責任者を配置できなければ、開業できないことになります。食品衛生管理者を配置する必要がない飲食店などでも食品衛生責任者の配置は必須です。

 

食品衛生責任者となるには、医師、歯科医師、獣医師、薬剤師、栄養士、調理師、製菓衛生師等の資格保持者は、実務経験や講習不要で食品衛生責任者となることができます。医師や調理師などの資格がない場合は、食品衛生責任者養成講習を受講する必要があります。

 

また、飲食店や食品販売の営業許可更新時には、食品衛生責任者実務講習を受講する必要があります。これは、医師や調理師等の国家資格保有者も受講対象となります。実務講習を受講しなければ、営業許可の更新申請ができませんので注意が必要です。

 

■それぞれの違いについて

 

食品衛生管理者と食品衛生責任者のそれぞれの違いをまとめます。

 

食品衛生管理者は、食品衛生法によって定められた特定の食品加工や添加物製造を行う事業所において施設ごとに配置しなければいけない有資格者です。この資格は、厚生労働省が管轄する国家資格です。更新は不要ですが、講習会などへ積極的に参加し、法令の変更などを随時確認する責任が生じます。

食品衛生責任者は、食品販売や製造を行う全ての事業所において配置しなければいけない有資格者です。この資格は、自治体が管轄する公的資格です。営業許可の更新時に、実務講習の受講が必須となります。

事業所によっては、管理者と責任者をそれぞれ配置する必要があります。これらの違いを把握してしかるべき有資格者を配置することが重要です。

 

※本記事の内容は、2018年4月現在の内容に基づいています。

安全で安心な食品を届けるために食のコンサルティングを始めませんか?HACCPでお悩みでしたらまずはお気軽にご相談ください。詳細はこちら