一般財団法人 石川県予防医学協会 料金一覧   フロア案内   アクセス・駐車場

いざHACCP!やってみよう下準備

自分の会社や店舗に、いざHACCPを導入しようと思っても、組織内のスタッフだけで一から全てに取り組むのは、なかなか難しいものです。そんなときに活用できるのは、HACCPコンサルタント等の外部の専門家です。専門知識や経験のある外部コンサルタントは、適切かつ有用なアドバイスを提供してくれることでしょう。

では、外部コンサルタントに相談・支援依頼する際の事前準備としてやっておくべきことにはどんなことがあるのでしょうか。今回は、HACCP導入に向けてスムーズなスタートを切れるよう、チェックしておきたい事項を紹介します。

 

 

■外部コンサルタントに相談する前に

 

まずは、自分たちの現状を把握しましょう。外部コンサルタントに会社や店舗の状況をしっかりと伝えるために、大きく次の3点について確認してみましょう。

①自分達の持つHACCPに関する知識レベル

②製造マニュアルや調理マニュアル、仕様書など、文書化されている資料

③いつまでにHACCP導入を完了させたいか

 

 

■自分達の持つHACCPに関する知識レベル

 

HACCPについて、自社(店舗)でどの程度の知識があるか確認しましょう。すでに理解できていることと、まだよく分からないことをはっきりさせておくことにより、HACCPコンサルタント等に依頼した際、HACCP導入に向けて何から始めるべきか分かりやすくなります。

近年、食品衛生法の改正に伴ってHACCPの制度化が決まり、全国各地でHACCP関連の研修等が開催されています。こういった研修に参加した経験があるのか、また、HACCPの前提となる一般的衛生管理について専門的に勉強したことがあるかなど、スタッフの現在のレベルを把握しておきましょう。

 

 

■製造マニュアル等の文書化されている資料

 

HACCPを導入するときは、何もかもを一から始めるとは限りません。すでにあるマニュアルや記録を活用することも十分可能です。そのため、現在所持している製造や衛生管理に関するマニュアルや記録には、どのようなものがあるか確認しましょう。

例えば、製造マニュアル(調理マニュアル)、製品の仕様書(レシピ)及び冷蔵庫の温度記録などです。

外部コンサルタントとの打ち合わせの際、これらの資料を提示して、活用できるものは積極的に活用し、効率的にHACCPの導入を進めましょう。

 

 

■いつまでにHACCP導入を完了させたいか

 

HACCPの導入を完了させる目標期日を決めましょう。期日を定めずに取り組むと、つまずいたところや繁忙期への突入などを理由に、作業がなかなか進まなくなってしまうおそれがあります。HACCPの導入を完了させる期日を明確にしておくことにより、外部コンサルタントも貴社に対するスケジュール構成のイメージを持ちやすくなり、着実にかつ効率的にHACCPの導入を進めることができるでしょう。

 

 

■まとめ

 

HACCPを導入しようと思い立ち、組織内のスタッフだけでは難しいと感じた場合は、積極的に外部コンサルタントに相談してみるのも良いでしょう。

その際には、下準備としてHACCPに関する知識レベル、マニュアル等の資料の整備状況、導入完了の目標期日等をはっきりさせておくと、いざHACCPに取り組む際の初期負担を少なくでき、すぐにHACCP構築の作業に入ることができるでしょう。

また、HACCPについて何も知らない、資料も今まで作ってこなかったなどの場合でも、心配することはありません。気軽に外部コンサルタントへ相談してみましょう。外部コンサルタントは、その現状に合わせた支援を提案してくれます。一つひとつを丁寧に、そして着実に取り組んでみてください。意外とHACCPの導入完了は目の前かもしれません。

 

※本記事の内容は、2018年7月現在の内容に基づいています。

安全で安心な食品を届けるために食のコンサルティングを始めませんか?HACCPでお悩みでしたらまずはお気軽にご相談ください。詳細はこちら