一般財団法人 石川県予防医学協会 料金一覧   フロア案内   アクセス・駐車場

食品安全マネジメントシステムの種類

食品の安全管理や品質管理の規格として、HACCP、ISO22000、ISO9001、FSSC22000など様々なものがあります。このように多くの規格があることから、自社ではどの規格の認証を取得すれば良いのか分からないというケースもあるでしょう。

そこで今回は、食品安全マネジメントシステムの概要と種類をご紹介していきます。

 

 

■食品安全マネジメントシステム(FSMS)とは

 

食品安全マネジメントシステム(FSMS)とは、Food Safety Management Systemの頭文字を略したものです。食品の製造過程における危害要因をコントロールすることで、食の安全性を担保することを目指すHACCPの考え方に基づいたシステムです。

 

 

■食品安全マネジメントシステム(FSMS)の種類

 

ISO22000とは、HACCPによる衛生管理手法を基礎として、消費者に安全な食品を提供するための食品安全マネジメントシステムの確立を目的としています。食の安全を脅かす危害要因をコントロールし、安全なフードサプライチェーンの確保を目指す国際規格です。

認証取得の効果としては、「食品の安全な提供に関するリスクの低減を可能にする」、「業務を効率化し組織体制の強化を可能にする」、「仕事の見える化による業務承継の円滑化を可能にする」、「継続的な業務改善を行うことで企業価値の向上を可能にする」、「法令順守の推進を可能にする」、「海外企業を含む取引要件の達成を可能にする」といった点が挙げられます。

 

FSSC22000とは、ISO22000に更に追加項目を加えて、前提条件プログラム(PRP)を補強した食品安全マネジメントシステムの国際規格です。GFSI(Global Food Safety Initiative)承認規格でもあり、世界の食品関連企業から支持されることが予想されます。

認証取得の効果は、ISO22000の認証取得の効果に加え、日本国外へ販路を拡大する際には、アピールポイントの一つとなるでしょう。

 

その他に、BRC Global Standards(British Retail Consortium)という英国小売協会が発行している規格や、SQF(Safe Quality Food)という米国の食品マーケティング協会が管理する規格、GLOBALGAP(Good Agricultural Practice)という農業生産環境の規格などがあります。

 

 

■どの規格を取得すればいいのか

 

食品衛生法改正によるHACCP導入の流れや取引先からの要請により、食品安全マネジメントシステムを導入しようと考える場合、どの規格の導入や認証取得をすれば良いのか判断する必要があります。もちろん、自社が食品安全マネジメントシステム導入に取り組むことになるので、最終判断は自社で下さなくてはなりませんが、適切な規格の導入・認証をするためには、外部のコンサルタントに相談することも良策の一つです。

食品安全マネジメントシステムは時代とともに変化し、要求される内容も変わっていきますが、外部のコンサルタントであれば、最新かつ有用な情報を持っているからです。

 

 

■まとめ

 

食品安全マネジメントシステムの導入・規格の認証を取得することは、フードチェーンの安全・安心を確保するために重要なことです。自社の業種・目的に合う食品安全マネジメントシステムの導入・規格の認証を行うためには、最新かつ有用な情報を持つ外部のコンサルタントに相談することで、効率的かつ完成度の高い食品安全マネジメントシステムを導入・運用できる近道となるでしょう。

 

※本記事の内容は、2018年5月現在の内容に基づいています。

安全で安心な食品を届けるために食のコンサルティングを始めませんか?HACCPでお悩みでしたらまずはお気軽にご相談ください。詳細はこちら